最近の大学は、どこでも教育改革に取り組んでいます。

自発的な行動が出来る様にする為の教育

自発的な行動が出来る様にする為の教育

大学における教育改革の方向性

最近の大学は、どこでも教育改革に取り組んでいます。これまで大学は、研究機関として研究に専念することが多く、特に国立大学においてはお金がかかって私立大学ではできないような基礎研究の分野に取り組み、新規分野の発明に取り組んでいました。これが、短期的に、中期的に成果が出るような研究が求められるようになってきました。そして、資源がない、少子高齢化で人口が減少している日本においては、人こそが資源であるとして、優秀な人材の育成に取り組んでいます。それが期待されているのが大学です。大学は、これまで言われてきたレジャーランドではなく、学生が自ら学習するような教育にしなければなりません。

大学の教育の改革の方向性には、社会のグローバル化があります。学生数が減少していくのであれば、外国から留学生を集めればいい、そのことにより日本人の学生の語学力の向上、異文化への理解が進み、多様性が生まれてくることが期待されています。その結果、新しい分野の産業を創出する可能性が出てきます。これは、日本にとって強みになります。一方で、そのような教育をするためにはどうすればいいのか、単にグローバル化といっても様々なアプローチがあります。大学のすべての教育に画一的な教育を行わせるのではなく、各教員の専門性を最大限生かしながら、学生が主体的な学習を取り組むことができる改革が必要です。