教育にはお金がかかります。

自発的な行動が出来る様にする為の教育

自発的な行動が出来る様にする為の教育

教育と人の生きる意味

教育にはお金がかかります。そのため、貧富の差がそのまま学力の差になることもあります。いや、ほとんどあてはまると言っても過言ではないでしょう。公立以外の教育機関においては、対価を払えば学力向上につながる様々なサービスを提供しています。つまり、お金があれば様々な教育サービスを受けられるわけです。

教育の対価を払えない家庭の子供はただ時間が経過するのを感じるだけで、教育の機会を失うことになります。そのような状況が続けば、努力しても社会は変わらない、変えられないと考え、厭世観をもってしまうことはありえます。幸い、そういう社会の課題を解決しようとする人々も出てきています。たとえば、経済的に学習塾に行けない子供の学力向上に貢献しようと学習支援をするボランティアがいます。

税金の徴収で所得の再配分が行われないのであれば政治の場で低所得者への支援ができるようにすればいいです。その政治の場に低所得者が出ていけないのであれば、貧富の格差が解消することはないでしょう。そうすれば学力の差も拡大することになります。教育は社会正義を維持し、社会貢献の機会を増やす効果があります。それは人の生きる意味を考える上で不可欠な要素で、人の価値の一部になっています。

イチオシサイト