日本は教育レベルが高いといわれます。

自発的な行動が出来る様にする為の教育

自発的な行動が出来る様にする為の教育

学校でもお金の教育が必要

日本は教育レベルが高いといわれます。義務教育ではしっかりと読み書きや計算を習い、社会に出て困らないような知識を身につけることができます。また最近では今までの勉強に加えて、お金の教育を行おうという取り組みが行われています。実際、多くの学校でお金についての知識を子どものころから身につけさせるべく、授業が行われているところもあります。

その背景には時代のニーズがあるようです。自給自足ができていた昔とは違い、今は生きていくためにはお金が必要な世の中です。普通に生活していても、最低光熱費や食費がかかります。そのためきちんとお金を管理してやりくりする能力が必要です。そこで小さいころからお金の大切さを知り、きちんとした使い方を学校で学んでおけば大人になっても安心できるというわけです。

しかし日本では昔からお金の話はしにくい風潮がありました。そのためお金の使い方や貯め方がきちんと身についておらず、安易にお金を借りる人も見受けられました。ところが現在ではお金は生きるための手段なので、その使い方をきちんと把握しておかなければ困った状況に陥ることもあります。それを避けるためにも今日では学校で子どもたちにしっかりとお金の教育をする必要があると考えられています。

イチオシサイト