少子高齢化ということでは、子どもたちが減っていき、ますます貴重になり、高齢者が増えていき、長寿になった数十年をどう生きるかということが問題になります。

自発的な行動が出来る様にする為の教育

自発的な行動が出来る様にする為の教育

生涯教育と高齢者の能力

少子高齢化ということでは、子どもたちが減っていき、ますます貴重になり、高齢者が増えていき、長寿になった数十年をどう生きるかということが問題になります。親の介護をした時に、長寿でしたが、一番困ったのは何もすることがない状態でした。それで生涯学習の重要性がよくわかりましたが、中には高齢者が、もう一度中学校や高校、また大学などで勉強している人もいて、ニュースになったりしていました。しかし普通は何もしないですし、体が動かないということや、意欲がなくなるということがあります。ですので教育ということでも生涯にわたっての高齢者の教育をビジネスとしても、また福祉としても、もっと発展させるべきではないかと感じます。

高齢者の場合には、動くことがあまりできないので、やはりインターネットなどで学ぶということが現実的です。それもできるだけ若い頃に、何かの目的、一生がい続けられる目的を持って、例えば寝たきりでも興味を持って学べるようなシステムがあると便利ですし、高齢者も能力を活かすことが出来る分野もあるでしょう。そのような分野の活かし方もあれば、生涯学習や生涯教育も花を咲かせられるということになります。また資金的にも余裕がある世代なので、ビジネスとしても有効ということになります。

イチオシサイト