教育では、時間の勝負になりますので、悠長に構えているわけにはいかないということもあります。

自発的な行動が出来る様にする為の教育

自発的な行動が出来る様にする為の教育

教育と親の責任と子供の資質

教育では、時間の勝負になりますので、悠長に構えているわけにはいかないということもあります。例えば幼児教育ということでは、大人になってから幼児に戻って教育を受けるわけにはいきません。幼児の時に教育を受けるので幼児教育になります。またその後の教育でも同じです。唯一生涯教育だけは、いつでもできるということですが、やはり学ぶということでは、若いほうが有利ということは、特に日本では間違いないように感じます。そんな中で最近良く目につくのが、親が子供にストレスの発散をするという生き方です。その内容は様々で、暴力もあり、期待もあり、溺愛もありで、中には異常な感情の場合もあります。以前も幼い女の子が裸足で外をふらふら歩いていたという話があり、その後その子は親に虐待されて亡くなりました。

どのような気持ちで裸足で汚い服で外を歩いていたのかと考えると胸が締め付けられる感じですが、それもそのような親のもとに生まれた不運でもあります。子供の教育でも、親しかいないのが子供です。他の大人を見ていないのでわからないです。また子供が大人になると、まるで親の分身のような大人になったりします。隔世遺伝だと祖父母とかです。ですので教育ということでは、親が自分の育った状況も考えながら教育の方法を選び、それを与えるということが重要になります。

イチオシサイト