いつの時代にも教育にはある程度の問題点があるものであって、それらは時代の変遷とともに変化しています。

自発的な行動が出来る様にする為の教育

自発的な行動が出来る様にする為の教育

教育の格差を解消するための方法

いつの時代にも教育にはある程度の問題点があるものであって、それらは時代の変遷とともに変化しています。問題点を的確に把握して解決策を練っていく必要があるでしょう。現在の教育の問題点は、学校だけではすべての勉強がまかないきれていない点が挙げられています。多くの子供が塾や習い事に通っていて、親御さんの経済的な負担も大きくなってきています。裕福な家庭は様々な勉強機会を子供に与えることができる一方、貧困に喘ぐ家庭では満足な学習をさせてあげられないといった点が問題視されています。

こうした教育の不平等をなくしていくのは簡単なことではありません。まずは公立学校のレベルを上げるなど、地道な努力が必要になってくるでしょう。地域が協力をして、無料ででも高度な学習機会を与えてあげることが必要だと言われています。たとえば、英語が出来る人は無償で地域の子供に英語を教えることも有効ですし、パソコンやタブレットの操作方法を教えてあげることもできます。地域の協力があれば、学校の負担も軽くなるので、そうした取り組みが各地で試され始めています。インターネットを使った無料の授業なども、格差解消には有効であると言われていて、国をあげて推進され始めています。