衝撃的な教育の現場を経験しました。

自発的な行動が出来る様にする為の教育

自発的な行動が出来る様にする為の教育

学校で受けた衝撃的な教育

衝撃的な教育の現場を経験しました。先生が王様のようで、生徒達が奴隷のような扱いを受けるという物です。実際に生徒として、我慢をしておりました。先生は他人ですが、本当に恐い存在となってしまっておりました。何をされるのか分からない、廊下に立たされるのは絶対に嫌だなど、小さい頭でよく考えながら行動をしておりました。卒業をする際に、先生が急に謝ってきました。急に何を言っているのかとビックリしました。しかし、その先生は涙を流しながら、今までに見た事がないような優しい顔で、私達に話しかけてきました。

凄く厳しくしてきたのには理由があり、将来、色々と辛い事があり、それに免疫をつけてもらいたい為の教育だったと言っておりました。その時は何を言っているのか分かりませんでしたが、社会人になった今では、その厳しさは自分の為になっているのだなと感じるようになりました。先生は今でも恐い印象しかありませんが、まさか自分達の教育の為に、わざとそのようにしてくれていたのだと、今では理解できております。本当に衝撃的な事を経験しましたが、このような経験が出来た事によって、今ではちゃんと社会人としてやっていけております。先生には感謝をしております。教育とは、難しいですが、将来に役立つ物でなければなりません。

イチオシサイト