道徳教育でよく使われるのが、論語です。

自発的な行動が出来る様にする為の教育

自発的な行動が出来る様にする為の教育

教育というのはまずは道徳が

道徳教育でよく使われるのが、論語です。これは中国の思想ではありますが、実は相当に日本に根付いています。ここから名づけられた言葉もいくつもあります。そのくらい素晴らしいわけですが、わかりやすくいいますと上に従い、下を慈しむ、という話であるからです。だからこそ、道徳教育にとてもよいです。学びましょう、優しくしましょう、両親には尽くしましょうなど、非常にわかりやすいことを話しています。ですから、道徳教育で論語を使うことは非常にお勧めできます。実は儀式の話なんかもありますから、そこは省くと良いです。そこは特に気にしないで良いことであるといえます。ちなみに江戸時代なんかから使われている教材であり、そして、暗誦できることが教養の一つであった時代もあったわけです。これは言うまでもありませんが、今ではそこまで重要視されていないです。

しかし、繰り返し話すことによって、暗誦できるようになる、というようになることが多いです。言うまでもありませんが、基本的には実行することが大事です。諺に論語読みの論語知らず、という言葉があるくらいです。ですから、あくまで内容を知っているだけでなく、その言葉を実行させることが大事になります。

イチオシサイト