日本は英語教育が上手くいっていないといわれています。

自発的な行動が出来る様にする為の教育

自発的な行動が出来る様にする為の教育

英語についての教育を

日本は英語教育が上手くいっていないといわれています。実際に平均値で言えばそうなります。つまりは、国民の全員が話すことができるのか、ある程度の能力があるのか、というと相当低いです。しかし、義務教育としては英語の勉強をしているのは確かです。どうしてここまで根付かないのか、といいますと単純に日常的に使うことがないからです。仕事で使うことでもない限りは普通には身に付かないです。これはある意味では仕方ないことではあります。それこそ、大学入学時が最も英語力があった、と言う人も多いです。しかし、それでは今後の国際社会に生き残ることはできないですから、新しく英語教育をしようとしているわけです。小学生からやるようになっています。昔は中学からであったわけですが、今では小学生から英語の授業があります。これはつまりは、他の時間を削っている、ということでもあります。

だからこそ、やるのはかなり慎重になるべきであるわけです。英語よりも大事なことがないのか、ということを検討してから実施するべきであるわけです。そして、それはあることにはありますが、あくまで英語もかなり大事である、という結論になったわけです。さすがに国際語ですから、役に立ちます。

イチオシサイト