昨今、スマートフォンの普及により、他人とのやり取りにおいての情報量が増えてきていますが、実際にその人を、人間性を十分理解できているかというと疑問を付けざるを得ません。

自発的な行動が出来る様にする為の教育

自発的な行動が出来る様にする為の教育

国の基礎となる教育現場の力

昨今、スマートフォンの普及により、他人とのやり取りにおいての情報量が増えてきていますが、実際にその人を、人間性を十分理解できているかというと疑問を付けざるを得ません。高度情報機器のおかげで今までの生活を一変させましたが、人間関係においては表層的な付き合いになりがちになってしまっているのが現状であります。今は、インターネットの普及により、瞬時にあらゆる情報やデータを簡単に得ることができますが、社会で役に立つ人間として教育を高めていく上では、学生たちには、もっと考察力をつけさせていく必要があります。世界には、様々な人種や宗教を信仰している多くの人たちがいます。これらの人たちがなぜこのような文化を大切にしながら生活しているのか、根源的に問い続けるということが重要であります。これは、今なお世界各地で紛争やテロという形で一般の罪ない市民が犠牲になっているからであります。

翻って日本の社会はどうかと言えば、一見平和に見えますが、学校や会社において、様々な歪みを抱えています。同じ人間を突然排除するということが、行われているからであります。このことを解決していくには、教育現場の底上げが必要になってきます。これは、単に学校だけでなく、そこに住んでいる地域の人たち、親たちの力が大切となってきます。全ての人が真剣に学生たちに向き合うことで、お互いの人間性を分かり合えることとなっていきます。日頃の挨拶から始まって様々な行事においても一人一人が関わることで、老若男女問わずその地域全体の人間性を高めていくことが、最終的に国の力となります。

イチオシサイト